社会福祉士、国家試験の申し込みに必要な書類

社会福祉士の国家試験の申し込みに必要な書類

社会福祉士の国家試験に申し込みを行う際に必要な書類にはどういった物があるのでしょうか。

 

まず申込みに際しては試験の実施団体である社会福祉振興・試験センターのホームページにアクセスして確認してみましょう。

 

試験を受ける際には受験資格(区分)により必要となる書類に違いがありますので、ご自身の受験はどの区分に該当しているかはよくよく確認して間違わないようにしなければなりません。

 

平成25年度の社会福祉士の受験手引きを確認してみますと、受験申込書・受験手数料振替払込受付証明書添付用紙・受験用写真確認票・実務経験証明書・従事日数内訳証明書・卒業(見込)証明書・教科目および単位履修(見込)証明書・卒業証明書・受験資格確定済申出書・戸籍抄本などが国家試験の申し込みに必須の書類として挙げられています。

 

また実技試験免除を受ける場合には、介護技術講習修了証明書・介護技術講習受講決定通知書・実技試験免除確定済申出書・実務者研修終了見込証明書などの中からいずれか1枚の提出が必要とされています。

 

さらに介護等施設での実務経験がある方が受験する場合には、先にご紹介した中でも実務経験証明書・従事日数内訳証明書は欠かすことができませんので、こちらもまた用意することは不可欠となります。

 

こうした社会福祉士の国家試験の申し込みに必要な書類は、受験申込み区分の区分1〜区分5までに分けられそれぞれで変わってきますので、くれぐれも不足分がないようにご注意下さい。